ウエストとメジャー

美容外科クリニックで受けられる痩身術|ベイザーで脂肪を吸引

リスクが少ない脂肪細胞

腹部

安全で痛くない

脂肪吸引手術の中で最新の痛みが少なく安全性が高い手術が「ベイザー波」を使って行うベイザー脂肪吸引です。ベイザー脂肪吸引では、カニューレで脂肪を吸引する前に、脂肪細胞を血管や神経などの周辺組織から分離させます。ベイザー波は超音波の一種で、脂肪を分離させる働きがあります。脂肪細胞がバラバラになってから吸引するので、周辺組織と無理やり引きはがして行う普通の脂肪吸引よりも痛みが少なくなっています。また、脂肪細胞がバラバラになった状態で取り除くのででこぼこになるリスクもなく、理想どおりのボディラインになります。安全、痛くない、回復が早い、仕上がりが美しいなど、沢山のメリットがあるのがベイザーによる脂肪吸引なのです。

手術後の経過

ベイザーによる脂肪吸引は、全身麻酔または局所麻酔で行います。いずれにしても手術後は麻酔が切れて体力が回復するまで1時間〜3時間ほどリカバリールームで休憩できます。手術後は痛み止めと共に、足の場合はガードルやストッキング、ウエストの場合はウエストニッパーなどの腫れを抑える装具が渡されます。装具はお風呂に入るとき以外は約1ヵ月常につけておき、腫れやむくみを抑える必要があります。手術から3日後にシャワーが可能です。手術から7日後に抜糸があります。抜糸をした後1ヵ月くらい切開部が赤みとなって残りますが、3ヵ月ほどすれば目立たなくなります。回復を早くするためにも、手術から抜糸までは安静にして過ごすことが大切です。